FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外研修に行ってきました

こんにちは!金曜日担当の後藤です。


昨日は東京も春一番が吹きましたね。

梅も満開の時期になっていたり、段々と春を感じるようになってきました。

ただし、三寒四温という言葉もあるとおり、この時期は寒暖の差が激しい時期です。

皆さんお元気ですか? 私は花粉症なので、そろそろ鼻がムズムズしてきました。

人もそうですが、ワンちゃんネコちゃんも下痢をしたり、鼻気管炎を起こしたりと

体調を崩しやすい時期ですので、ちょっとおかしいかな?という時は早めにケアをしてあげましょう。


話題は変わりますが、、、、

先日、私は当院のスタッフ研修の一環として、アメリカのネバダ州ラスベガスで開催された

Western Veterinary Conference(略してWVC)という、

獣医とVT(動物の看護師)向けの卒後教育の大規模なセミナーに参加してきました。

5日間に渡って、動物全般の様々な講義や実習が行われます。

WVCの歴史は古くて、1928年から毎年開催され、今年は82回目という事でした。

参加人数今年は獣医だけで約6000人、VTが約1400人、

学生や講師の先生方を合わせると総参加者は13561人!だったそうです。

犬や猫だけではなく、牛や馬、ウサギやフェレット、動物園の動物に関するセミナーも

あります。朝8時から夜まで、総講義数はなんと2010!

アメリカの規模の大きさにびっくりさせられます。

小動物臨床(主に犬、猫、うさぎ、フェレットなど)の分野は、整形外科学、軟部外科学、

消化器病学、血液病学、行動学、薬理学、皮膚科学、、麻酔学、歯科学などなど。。。

数え切れないくらい多くのセミナーがありました。

講師の先生はアメリカの大学の先生が殆んどです。

講義内容は概論や診断法などの各論、実際の症例の治療例を学んでいきました。

新しい知識を得られたのはもちろん、アメリカの臨床的な講義を受けられて、とてもいい刺激と、

勉強になりました。

また、当院での日常の診療が講義と一致する部分も多く、改めて確認が出来たのは

とてもよかったです。

この経験を当院のスタッフで共有し、今後の診療に役立て行きたいと思いますので、

どうぞよろしくお願いします。

後藤

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。