FC2ブログ

夏!!外耳炎のお話し

こんにちは(*^_^*)

今回は外耳炎のお話です。

病院に来院するワンちゃんの病気の多いものの一つに外耳炎があります。

外耳炎は、耳の入り口から鼓膜手前までの部分で炎症が起こっている病気です。

外耳炎の原因は微生物や寄生虫の感染症、あるいはアレルギー、異物(植物の種や虫)やシャンプーが入ってしまったり腫瘍があったりと様々です。

外耳炎の症状としては、耳を後ろ足で引っ掻く、頭をよく振る、耳がいつもより汚れている、ニオイがするようになる、等ワンちゃんによって様々です。

時には耳介の中で出血を起こして耳介が餃子のように膨れてしまう「耳血腫」という状態になってしまうこともあります。

また、耳の中の皮膚が腫れることで、耳の穴をふさいでしまったり、鼓膜が破けてしまったりして、耳が聞こえなくなることもあります

一旦炎症が起こってから治療を始めるまでの経過が長いほど、治るのに時間がかかります。

耳の中が痒かったり痛かったりしたらとてもつらいですよね。

耳が汚れていたり痒がっていたら、綿棒で掃除したくなるかもしれませんが、ワンちゃんネコちゃんの耳の皮膚は人に比べて薄く、

穴は細くて構造も複雑なので、外耳炎を起こす原因や外耳炎を悪化させる原因になりますので絶対に止めましょう。

外耳炎の治療には外耳炎の原因にあった適切な洗浄液と点耳薬、場合によっては内服やなどが必要です。また、アレルギーが背景にある場合は

アレルギー検査や食餌を変えることなどもしていかないと繰り返してしまいます。



当院では、耳用の内視鏡であるオトスコープを使用して、撮影して拡大することでさらに詳しく観察できるようになりました。

また、飼い主様にも耳の中の様子を見て頂けるようになりました。


よく頭を振るようになった、耳を掻いているのを見かける回数が増えた、耳が臭うなど、いつもと様子が違うようであれば早めに病院にご来院下さい!


カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ