スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の泌尿器疾患について

こんにちは、アイルペットクリニックです。
まだまだ寒い日が続きますね、、
今日はそんな冬に多い猫ちゃんのおしっこに関連する病気についてご紹介したいと思います。

猫ちゃんの病気の中で、最も多い疾患は何かご存知でしょうか?
「花王」の調査によると、なんと46.8%の猫が泌尿器系の病気に罹ったことがあるそうです

その中でも
1位は尿石症
2位は膀胱炎
3位は腎不全
4位は尿道閉塞
となっています。どれも怖い病気ですね。。

猫はもともと砂漠の動物ですので、水分を無駄にしないように腎臓で常に濃縮をしています。
その結果、腎臓に負担がかかったり、石ができやすくなってしまうのです、、

そんな泌尿器疾患を予防するためには、
・なるべくストレス無く過ごさせてあげること(膀胱炎などはストレスによっても発生しやすくなります)
・結石予防用のご飯を与えること
などが大切です。

結石用のご飯はいろいろな種類があり、栄養的にも生涯食べていても全く問題ありません。
アイルペットクリニックでも各種尿結石用のフードを取りそろえていますので、是非お声かけ下さい
そのほかの病気のために他のフードを食べえているという方は、複数の疾患に配慮した「マルチファンクションシリーズ」などもございますので、獣医師にご相談下さい(^-^)
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。