スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎症性腸炎を知っていますか?


 

炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel DiseaseIBDと略します。)という病気をご存知ですか?

本来は自身を守るために働く免疫の細胞が、腸粘膜で増えて炎症を起こしてしまう、原因不明の慢性の消化器病をまとめた症候群の名前です。ヒトでは、クローン病と潰瘍性大腸炎がその代表です。

犬と猫のIBDは、炎症を起こす細胞の種類によって、リンパ球プラズマ細胞性腸炎(大腸炎もあります)、好酸球性胃腸炎、肉芽腫性腸炎、組織球潰瘍性腸炎 などに分類されます。

原因は不明とされていますが、食物や腸内細菌に対する免疫反応、腸の免疫システムの異常や腸のバリア機能の異常などが考えられています。

 

症状としては、慢性的な下痢や嘔吐、食欲不振、体重減少などがみられます。また、血液検査でアルブミンが非常に低下していたり、お腹の超音波検査で腸粘膜が厚くなっているなどがみられることもあります。

 

これらの病気の診断、治療には、同じような症状をあらわす他の病気の鑑別が重要です。なぜなら、治療は長期間または一生涯必要となることが多いからです。似たような症状の病気には、食物アレルギー、消化管内寄生虫、慢性膵炎、異物、抗生剤反応性腸炎、リンパ管拡張症、腸の腫瘍(がん)などがあります。

病気の鑑別診断には血液検査やレントゲン、超音波検査などを行ないます。寄生虫の鑑別には便検査を繰り返し行なうことが必要な場合もあります。また、駆虫剤を試験的に飲ませたり、食物アレルギーが疑われる場合はアレルギー検査や低アレルギー食の給餌などを行ったりします。これらの鑑別と治療を行なっても症状が改善しない場合は、内視鏡検査もしくは開腹手術で腸の粘膜を一部採取して病理組織検査を行います。

IBDであった場合は、長期間にわたって免疫を調節するお薬や食餌療法などで、腸粘膜の中で起こっている免疫の暴走を抑える治療を行なっていきます。

 

この病気は、重症化すると元気がなくなりますが、「元気も食欲もあるけど下痢をよくする」「元気も食欲もあるけど痩せてきた」「足が細くなったけどお腹は張ってきた」などの分かりにくい症状のコも時々みられます。検査してみたら病気がかなり進行した状態で見つかることもあるのです。

 

春の健診は、血液中のタンパク質の量(腸も肝臓も腎臓も関与しています)だけでなく、肝臓や腎臓、膵臓、脂質など健康診断としての血液検査項目をほぼ網羅しています。また、ご希望の方には尿検査や腹部エコー検査、胸部レントゲン検査、甲状腺ホルモン測定なども通常より少しお得な価格で受けていただけます。

残念ながら、これらの検査で異常が出た場合は、必要に応じて追加検査や治療法を飼い主様と考えていくことになります。

お家の大切な家族の

「元気な時の正常値を知っておく」&「病気の早期発見」

にぜひご活用下さい。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。