FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏だ!熱中症にご注意!

こんにちは

とうとう関東地方が梅雨明けしましたね。
日差しが一気に夏を感じる強さになって、暑くなりましたね~。
昨日、セミナー参加のために中野に行ったら、「中野チャンプルーフェスタ」という沖縄がテーマのお祭りをやっていました。ライブや踊りや屋台など、とっても賑やかで盛り上がっていましたよ。 夏休み! という感じです。

夏は、何かとアウトドアイベントが多い方、または外は暑いし日焼けしちゃうからお部屋の中にこもりがちな方、等々、いろんな方がいらっしゃると思います。
どちらのタイプの方も、ワンちゃんを飼っているなら絶対に気をつけなければならないことは同じです。 夏を過ごしたことのある飼い主様ならご存知ですよね。

そうです! 熱中症! 

この病気は、一度なってしまうと、時間の経過と共にどんどん悪くなり、進んでしまうと治療をしても命を落としてしまう病気です
しかし、反対に飼い主様が気をつけるだけで予防もできます。
また、初期の状態であれば、すぐに適切な治療を受ければ救命が可能な病気です。

熱中症は、外でもお部屋の中でもかかってしまうことはあります。それは人と同じです。

人と違うのは、ワンちゃんは人のように汗をかいて体温を下げることはできないのと、立派な毛皮を着ていることです。
なのでどんどん体温がこもってしまうのです。
皆さんは毛皮やウールのセーターを着て夏に外に出かけたり部屋で過ごしたりすることはないですよね。想像すると、ワンコの大変さがお分かりになるかと思います。

ワンちゃんは汗をかくかわりに口でハァハァして体温を下げようとするのですが、限界はあります。

また、屋外は気温が上がるとともに地面の温度が上がりアスファルトやタイルは手で触るとやけどするくらいまで上がります。 その様な時にワンちゃんを歩かせると、ワンちゃんはその熱さを足で直接さわり、地面から反射する熱を全身でうけることになります。
毛皮を着て熱いアスファルトの上を裸足で歩く! これで大丈夫なワケありませんよね。
 
これから屋外のイベントにお出かけすることも多くなってくるかもしれません。
ワンちゃんが可愛いあまり、一緒にお出かけしたくなることもあるかと思いますが、熱中症対策はしっかりとしてくださいね。
暑い日中に無理に一緒に連れていくよりも、快適なお家で留守番させることがワンちゃんにとっては良い場合も夏は多いでしょう。
また、日常のお散歩も、時間を朝早くと夜遅くに変更して、気温とアスファルトの温度を確認しながら行ってあげましょう。
お部屋の中や車内は、室温の調節をせずに閉め切った状態だと、すぐに温度が上がり、

ワンちゃんはすぐに熱中症になってしまいます。
お家にお留守番させておく時の注意点は、エアコン又は扇風機などで室温の調節と空気を循環させて出かけること。また、窓際など直射日光の当たるところにワンちゃんをいさせないこと(ケージやサークルの場所などを注意してくださいね)。水はたっぷり用意しておくこと。です。
車でワンちゃんと出かけたら、たとえ短時間でもワンちゃんを車に置いたまま絶対に離れないこと!お出かけ中はこまめにお水を飲ませる(冷やしておくとよし!)のことです。
特に短頭種のワンちゃんは、(ニオイの感覚器としても働いていますが)ラジエーターとして働くお鼻が短いので、熱い空気が冷えずにそのまま肺に入ってしまうのと血液も冷やされないため、さらに熱中症になるリスクが上がります。
また、シニアや心臓が悪い子なども熱中症のリスクは上がります。
お家のワンちゃんがお出かけ後や留守番させていた後から、呼吸がハァハァしていてなかなか落ち着かない、触ってみると体温が高そう。ぐったりしている。
などあったら、様子を見ずにすぐに病院を受診してくださいね。
ワンちゃんは話すことができません。熱中症は救急の病気です。
熱中症対策のツールとして、熱中症予報や対策法などを紹介しているサイトをご紹介しておきます。こちらものぞいてみてくださいね。
熱中症対策!!
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。