FC2ブログ

夏!!外耳炎のお話し

こんにちは(*^_^*)

今回は外耳炎のお話です。

病院に来院するワンちゃんの病気の多いものの一つに外耳炎があります。

外耳炎は、耳の入り口から鼓膜手前までの部分で炎症が起こっている病気です。

外耳炎の原因は微生物や寄生虫の感染症、あるいはアレルギー、異物(植物の種や虫)やシャンプーが入ってしまったり腫瘍があったりと様々です。

外耳炎の症状としては、耳を後ろ足で引っ掻く、頭をよく振る、耳がいつもより汚れている、ニオイがするようになる、等ワンちゃんによって様々です。

時には耳介の中で出血を起こして耳介が餃子のように膨れてしまう「耳血腫」という状態になってしまうこともあります。

また、耳の中の皮膚が腫れることで、耳の穴をふさいでしまったり、鼓膜が破けてしまったりして、耳が聞こえなくなることもあります

一旦炎症が起こってから治療を始めるまでの経過が長いほど、治るのに時間がかかります。

耳の中が痒かったり痛かったりしたらとてもつらいですよね。

耳が汚れていたり痒がっていたら、綿棒で掃除したくなるかもしれませんが、ワンちゃんネコちゃんの耳の皮膚は人に比べて薄く、

穴は細くて構造も複雑なので、外耳炎を起こす原因や外耳炎を悪化させる原因になりますので絶対に止めましょう。

外耳炎の治療には外耳炎の原因にあった適切な洗浄液と点耳薬、場合によっては内服やなどが必要です。また、アレルギーが背景にある場合は

アレルギー検査や食餌を変えることなどもしていかないと繰り返してしまいます。



当院では、耳用の内視鏡であるオトスコープを使用して、撮影して拡大することでさらに詳しく観察できるようになりました。

また、飼い主様にも耳の中の様子を見て頂けるようになりました。


よく頭を振るようになった、耳を掻いているのを見かける回数が増えた、耳が臭うなど、いつもと様子が違うようであれば早めに病院にご来院下さい!


こんにちは

急に暑い日が増えてきましたが、お散歩後に体調を崩したり、下痢などしていませんでしょうか

今日は「長期間続く下痢」についてお話したいと思います。
下痢というと、何となく下痢止めや抗生物質を飲んで様子を見る、という治療をイメージされるかと思います。

確かに、ワンちゃんは我々と同様にお腹を下してしまうことは日常的に少なからずありますし、対症療法でよくなってしまうこともあります。

しかし、2週間を超えて続く下痢や対症療法で改善しないような下痢には、別の原因が隠れているかもしれません。。
例えば、「低タンパク血症」という病気があります。
血液中のタンパク質が様々な原因で少なくなってしまい、その結果、下痢や腹水の原因になってしまうのです。このような状態が続いてしまうと、重度の脱水や栄養不良、低血圧など、いろいろな症状を引き起こし、徐々に体力が消耗されてしまうケースもあります。

タンパク質が漏れてしまう原因を探る検査が必要にはなりますが、長期的な下痢には、このような疾患が隠れている可能性もあるのです

「少しご飯をあげすぎたかも」「拾い食いでもしたのかな」と下痢の原因を考えることがあるかもしれませんが、なかなか改善しない場合は、一度血液検査をしてみてもいいかもしれません(^-^)



暖かい時期は怪我に注意!

こんにちは!

暖かい気候になり、お散歩の時間も増えてくる頃ですね
アクティビティやドッグランなどで走ったりする機会も増えてくるかと思います

そんな時期に注意してほしい事のひとつとしては、
「急激な運動で足腰に過度な負担をかけないこと」です。
特に若くて元気いっぱいなワンちゃんや太っているワンちゃんは、関節や靱帯の損傷あるいは腰のヘルニアなどを起こしてしまう危険性があります

実際に身体を痛めてしまった場合、仮に整形的な手術が不要な場合でも、長期間の安静が必要になる可能性があります。お散歩が大好きなワンちゃんにとって、数週間にわたって家やケージの中で安静にしなければならない事は非常にストレスな事です、、

外が暖かくて元気いっぱい走らせたい季節ではありますが、ぜひ過度な負担がかからないよう注意しながら遊ばせてあげましょう(^-^)

フィラリア予防の季節

こんにちは!

GWは暖かいを通り越し、暑い日が続いていますね

5月といえば愛犬家の皆さんには恒例のフィラリア予防の始まる季節ですね!!

フィラリアの検査はお済みでしょうか?

お出かけしているワンちゃんもおうちで過ごしているワンちゃんもフィラリア予防は必ずしてあげましょう。感染が発覚してからの治療はとても難しく、リスクも伴います。

 

予防のお薬はご褒美にもなる、おやつタイプのものがおすすめです!

そのほかにも、美味しいフレーバー付きの錠剤タイプや背中に垂らすスポットタイプなどもありますので、ワンちゃんに合ったものをご相談し処方させて頂きます

 

予防が必要な期間は5月から12月までの8ヶ月間です。

けど、12月には蚊は見ないようなと思いますよね。

が、これにはもちろん理由があります。

(少し難しい話になりますが)

皆さんが知っているフィラリア症を引き起こすのはフィラリアの成虫です。

しかし、蚊から感染してしまった時点ではまだ幼虫の段階なのです。

そして、フィラリアの幼虫には発育段階が第15段階に分けられています。

蚊から感染した時点では第3段階で、この段階では全ての幼虫を駆除することができないのですが、第4段階に成長すると100%の駆除ができます。

この感染してから第4段階に発育するための期間が1ヵ月かかるため、蚊の発生がみられる11月から、さらに1ヶ月後の12月までの予防が必要になります

 

またお薬を飲み始める前には、フィラリアに感染していないか検査する必要があります

なぜなら、怖いことに感染していることを知らずに薬を飲んでしまうと最悪の場合死に至ってしまうこともあるのです。

検査結果はすぐに確認出来ますので、まだお薬もらっていないワンちゃんは早めに動物病院へ

 

異物に注意!

こんにちは
少しずつ暖かくなり、ワンちゃんのお散歩も気持ちの良い日が増えてきましたね

そんなお散歩の時に気をつけることの一つとして、
今日はワンちゃんネコちゃんの「異物」についてお話ししたいと思います

「異物」は、石やビニール袋などご飯以外のものを食べてしまうことで胃や腸に詰まってしまったり、ヒト用の薬や殺虫剤などを大量に飲んでしまうことで中毒症状を起こしてしまう疾患の一つです

異物を飲み込んでしまって数時間の場合は、吐き出させることがとても重要になります。
1-2時間程度であれば胃に停滞している可能性が高く、また、胃から腸へ通過できないような大きい異物の場合も胃の中に残っている可能性があります。
何か異物を飲み込んでしまった時は、あまり様子を見ず、出来るだけ早く病院に来て頂く事をお勧めします。

異物が胃や腸に詰まってしまっている場合、多くは嘔吐症状や元気がなくなるなどの症状が現れます。
お散歩や留守番など、飼い主様がみていない時にも異物を食べてしまっている可能性は充分にあります。また、もともと異物を食べる癖のある子や何かをかじったり舐めたりするのが好きな子は、異物を食べてしまうことが非常に多くあります。
身体に負担の少ないレントゲン検査や内視鏡を使った摘出方法もありますので、状況が疑わしい時はご相談下さい(^-^)

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ